ケールの成分・栄養素

ケールの成分・栄養素

青汁などの原料として知られるケールですが、今ではダイエットや健康ブームで注目されるようになり、スムージーや市販のサラダなどでも使われるようになりました。ケールはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素をバランスよく含んでおり、抗酸化力がとても高い野菜です。ケールに含まれるビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保ち、風邪を引きにくくしたり、視力を守る働きがあります。ビタミンCも豊富で、コラーゲンの合成を助け皮膚や血管の弾力を維持したり、抗酸化作用や抗ストレス作用もあり病気を予防する効果があります。ビタミンEもブロッコリーと同等量含まれており、強い抗酸化力によって細胞の老化を防ぎ、老化防止や生活習慣病の予防に貢献します。その他にも、カルシウムは牛乳の2倍以上を含み、食物繊維も豊富です。他に注目すべき成分には、メラトニンとルテインがあります。メラトニンは体内時計に関わるホルモンで、自然な眠気を促したり、抗酸化作用や細胞の新陳代謝を促す働きがあります。ルテインは目のサプリメントなどで出ていますが、カロテノイドの一種でスマートフォンやパソコンなどのブルーライトから目を守り、白内障の予防など目の健康を助けます。以上を踏まえて、ケールは美容や目にいいだけでなく、高い抗酸化力により健康の保持増進に強く貢献するため、積極的に摂りたい緑黄色野菜です。