ケール青汁が向いている人とは

ケール青汁が向いている人とは

青汁の中で最も飲みにくい素材とされるのがケールです。
まさしく青野菜の風味であり、野菜嫌いの方には摂るのが厳しいと言えます。
それでもケール青汁が評価されている理由は、ずば抜けた栄養価の高さにあります。
緑黄色野菜の中でも群を抜いて栄養が豊富であり、野菜不足を一気に解消することができます。

 

ケールが向いている人は、生活習慣病を防ぎたい人、栄養バランスが崩れている人、なんとなく体調が優れない人、目を酷使する仕事に就いている人などです。
栄養価の高さは大麦若葉よりも確実に上なので、無理なく飲めるならこちらを利用しましょう。

 

ケールはネット通販を使えば、生葉として購入することもできますが、毎日食べるのは容易ではありません。
そこでジューサーでジュースにして飲むことをおすすめします。
繊維質は失われますが、それ以外の栄養素はまとめて摂ることができます。
野菜不足はカリウムの欠乏につながり、むくみや肥満を引き起こします。
1日に必要な野菜は350gと言われていますが、多くの方は不足しています。
青汁は不足分の野菜を補うために飲むこともできます。
1日350gを計って摂るのは難しいですが、自分で野菜不足を実感している方はほぼ例外なく欠乏しています。