ケール青汁の効果

ケール青汁の効果

ケールとは

ケールとはキャベツの原種であり、全体的に緑色をしています。
キャベツのように丸まってはおらず、葉野菜として1枚1枚が独立しています。
硬くて青臭いことから、そのまま生で食べることはあまりなく、青汁の素材として用いられます。
その栄養価はキャベツの比ではなく、ケールの液体青汁には牛乳を凌ぐほどのカルシウムが含まれています。
今は大麦若葉の青汁が主流となっていますが、栄養価の高さではダントツでケールのほうが上です。
しかし、大麦若葉と比べると飲みにくいので、粉末タイプが主流となっています。
粉末にすると独特の青臭さがなくなり、数倍飲みやすくなるのです。
もちろん、栄養価を重視する方は液体タイプがおすすめです。
1日100mlのジュースを飲めば、欠乏分の野菜をすべて補えると言われています。

 

ケースは一般の野菜売り場には置かれていませんが、ネット通販を利用すれば入手することができます。
キャベツと比べて食べにくいですが、炒めることでかなり食べやすくなります。
ネット通販では農家から直接取り寄せて購入する方法が主流です。
1kgあたりの相場は3,000円程度となっており、緑黄色野菜の中でも少し高いですが、栄養価を考慮するとコスパのよい食材だと言えます。

ケールの効果

不足しがちな野菜の持つ栄養素を補うためには青汁が効率的かつ効果的であるものの、一口に青汁と言っても様々な種類が存在します。
そのような中において原料にケールを用いている青汁は最もメジャーであると言えます。
日本ではあまり食卓に上ることが多くないため認知度が高いとは言えないもののヨーロッパにおいてはよく口にされる野菜の一つです。
キャベツをはじめとするブロッコリーなどと同様にアブラナ科に分けられています。
しかし、ケールが持つ栄養素というのはキャベツやブロッコリーよりも非常に多い上に様々な栄養を含んでいます。
そのため、万能性の高い野菜として人気があります。
含まれている成分は具体的には食物繊維をはじめビタミンや葉酸、ナトリウムやカリウムそしてマグネシウムなどが挙げられます。
しかも、このように含まれている成分の量はキャベツやフルーツなどに比較すると数倍になるのです。
ケールに配合されているビタミンは様々な種類があるものの、特にビタミンAが人間の身体に良い作用をもたらします。
粘膜を維持する働きを正常化してくれる上に、ドライアイを改善し視力回復にも効果があるため目を酷使する現代人に最適の野菜であると言えます。

 

ケールの青汁を飲みたいと思っている方はこちらの青汁比較などを参考にしてみると良いのではないでしょうか。
様々な青汁が紹介されているのはもちろんですがその他青汁について実際の体験談なども紹介されています。